どこで行われているの?

どこで行われているの?
乳幼児サークル・親子教室・子育て支援プログラム・療育センター(北区立あすなろ福祉園 , 足立区障害福祉センターあしすと , 大田区こども発達センター・わかばの家)・福祉センター・小学校・中学校・高等学校・大学・大学院・病院・自主サークル児童館(中延児童センター , 伊藤児童センター , 三ツ木児童センター)などで、教育や療育のプログラムとして、行われています。

 

 

対象者は?
生後6ヶ月の赤ちゃんから、大人まで。一般の乳幼児だけでなく、障害のある子どもたちに療育プログラムとしても、行われています。近年では、高校生、大学生も自尊感情を高め、お互いの理解を促すために教育プログラムとして行っています。また、先生、保護者、専門職の方のための専門性向上の研修プログラムとしても行なわれ、その成果が学会で報告されています。

 

動いて遊ぼう!身体で感じよう!
乳幼児期は動いて学ぶことが一番。歌って、踊って、ころがって。音楽やリズムを全身で感じて。即興音楽、民族楽器などで、自己表現をたくさんします。何かをさせるのではなく、子どもたちを型にはめず、のびのび自分らしく表現できるように応援しています。