banner

サポーター育星プロジェクト研究協会
研究協会をつくった理由

地域には、特別支援を必要とする子どもたちやご家族が多くいます。地域には、誰かの力になりたいと考えてくださる方も多くいます。子どものこと、家族のことをもっと知りたい、身近に自分を支えてくれる人と出会いたい。自分の経験を誰かのために生かしたい。地域に暮らす人々が繋がりにくい時代だからこそ、それぞれが求めている願いです。

サポーター育成の試みは5年前に始まりました。地域に少しずつ人の輪が広がり、約300名の先生や地域の方が学ばれ家族のサポーター、学校のサポーター、先生などとしてご活躍です。障がいのあるなしに関わらず、孤立している人がいなくなるように、おとうさん、おかあさん、先生、お友達、ご家族、地域の方、学生、立場の違いを超えて、心を繋なぎ、地域で共に学び育ちあえたらどんなに素適でしょう。大切にしていることーあなたもわたしも自然にサポーターになれることー大切にしているのは子どもと自分の心を育てることです。それぞれの経験、学んだことが誰かのために生かされること。温かな想いで子どもやご家族を支える輪が広がること。それが願いです。

<地域の様々な繋がり>
療育キャンプ、ウインタースクール、学習支援など、教員を目指す学生たちと体験教育を通じ研究活動しています。NPO法人、企業、教育委員会などと連携しながら社会貢献活動をしています。

研究協会では、特別支援サポーター育成として、以下のような講座を開講予定です。こどもたちを取り巻く温かな輪を繋いでくださる学びの仲間、募集中です。ご興味のある方はお問い合わせください。

基礎講座(初級向き)約40時間/年 週1回程度
 
誰かのサポーターになること、幅広い意味でのサポーターになることを目的として、特別支援に関する基礎的な知識や支援方法を学びます。我が子のために学びたい、友達のために、地域の方のために学びたい方のための基礎講座です。

領域別学び講座(中上級向き)隔週程度
 
基礎講座終了程度の方が領域別の学びを深めていきます。学習支援、生活支援、自立支援、ポートフォリオ作りなどを予定しています。

特別支援士(スペシャルサポーター)講座(上級向き) 約40時間/年 週1回程度
 
実践力ある人間性豊かなスペシャルサポーターを目指し学びます。基礎講座修了者で実践経験豊かな方、もしくは同等以上の経験や知識のある方が対象です。内容は、ケースワークや発表です。ポイント制で学べます。規定の条件を満たすと特別支援士(スクールファシリテーター)、特別支援士( ペアレントサポーター)を取得できます。優秀な方には、講座の講師、シンポジウムでの発表、大学でのゲストスピーカー、学会での発表、ペアレントサポート、共同研究など御願いすることがあります。

先生のための特別支援士(スペシャルサポーター)講座 月1回程度
 
基礎修了程度で実践経験豊かな先生、もしくは同等以上の経験や知識のある方が対象です。大学院と同様程度の内容を含んでいます。基礎講座をご希望の方は別途お問い合わせください。

★お問い合わせは、サポーター育星プロジェクト研究協会事務局まで★
 
Mail:ikusei@hoshiyama-lab.com

星山麻木(明星大学教育学部教授 保健学博士)

障がいのある子どもたちと出会って以来、30年、こどもとご家族の支援に関する研究実践をしています。
明星大学教育学部教育学科教授。保健学博士。
日本音楽療法学会認定音楽療法士。映画『星の国から孫ふたり』監修。
ユニバーサル音楽ワークショップ研究会代表。サポーター育星プロジェクト研究協会代表。クリエイティブ音楽ムーブメント研究会代表。
東京学芸大学音楽科卒業後、養護学校で音楽教師を務め、退職後、横浜国立大学 大学院修士課程(障害児教育)修了、療育センターなどでセラピストを務め、東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻 (母子保健学)博士課程修了。
メルボルン大学客員研究員(早期療育)、鳴門教育大学障害児教育講座助教授を経て現職。中央大学文学部兼任講師。
おかあさんおとうさんの作る育児ファイル (東洋館出版)。NHKテレビすくすく子育て、TBSご存知ですか、などにテレビ出演の他、雑誌、手遊び歌CDなど。

このウェブサイトに掲載されている全ての文章、イラスト、デザイン、写真、ロゴの無断複写、転載、配布を禁じます。

Copyright(c) 2013 Asagi Hoshiyama / Creative Music Movement. All Rights Reserved.